(仮)Rocket-Field

いろいろ書けばその内に方向性が見えてくるよね

つくばエキスポセンターで遊びながら科学を学ぼう

      2014/10/27

1985年に開催された「国際科学技術博覧会(科学万博―つくば’85)」。

万博が終了した後も最新の科学などを親しんでもらうことを目的に再オープンされたのが今回ご紹介する「つくばエキスポセンター」です。

科学館のいいところは難しい科学の世界を子供でも楽しめる形で勉強できるところです。
こちらの科学館もそのいいところを存分に体験できます。

世界最大級のプラネタリウムと体験しながら学べる展示

電車で行っても駅からすぐの所にありますし、車の場合でも60台分の駐車場があるうえに満車でも近くに市営駐車場があるのでとても便利に行くことができます。

そんなアクセスのいいつくばエキスポセンターですが目玉の一つがプラネタリウムです。

大きさが世界最大級で迫力ある映像を体験できます。
また、プログラムもいくつか種類があり中にはアニメキャラクターが登場するものもあるので子供も楽しめるものだと思います。

また、館内には体験しながら科学を感じることができる展示があったり、子供にはちょっと難しめな展示があったりと大人も子供も楽しめる展示がいくつもあります。

DSC_0255
DSC_0257
DSC_0258
DSC_0259

屋外は展示のある広い庭になっています。
ロケットの実物大模型を筆頭に散歩しながら眺めることができるので晴れてるととても気持ちいいです。
中でも、「ゆるぎ石」という展示は重さ50tの石を自分の力で動かすことができ、ちょっと不思議な体験ができます。

DSC_0266

いくつかの展示の中で印象深かったのは、職員の方が説明してくれながらちょっと不思議な工作・実験グッズで遊べるスペースです。
一回のサイエンスミュージアムショップの前の場所でやっていましたが、小学生のときに作ったようなちょっとした理科工作を触りながら職員の方が詳しく現象を説明したり遊び方を説明されてくれ、とてもアットホームで楽しい時間を過ごせました。

簡単な概要

現時点での情報の為、公式サイトをご確認のうえ遊びに行くことをお薦めします。

住所 〒305-0031 茨城県つくば市吾妻2丁目9番地
電話番号 029-858-1100
開館時間 9:50から17:00(最終入園は閉館の30分前)
※12,1月の平日は16:30閉館
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日休)、月末最終火曜日、年末年始
※その他臨時休館あり
入館料金 大人410円、小人210円
※プラネタリウムは別料金
公式HP ≫つくばエキスポセンター(公式サイトリンク)

アクセスと周辺地図

○自動車の場合
桜土浦ICから15分程度

○電車の場合
・つくばエクスプレス「つくば駅」下車、A2出口より徒歩5分程度
・JR常磐線「ひたち野うしく駅」、「荒川沖駅」、「土浦駅」下車、筑波大学中央行バスで「つくばセンター」下車

最後に

科学都市の印象が強いつくばにある気楽に行ける科学館です。

体験できる展示については個人的にはもうちょっと遊びの楽しい部分も体験できるようなものだといいなとは思いました。
ただ、科学の不思議さを体験できて身近にあったら何度か行ってみたくなる施設だと思いました。

つくば駅周辺はとてもきれいな街で道路もきれいですし、ショッピングセンターもあります。
一日ふらふらと周ってみるのもいいかもしれません。

おすすめ

1
スマホで暇つぶしするならdTVがおすすめ。移動時間も有意義に

暇つぶしといえばスマホ。 最近は、電車での移動時もスマホをいじっている人を多く見 ...

 - 観光 / 遊び ,