(仮)Rocket-Field

いろいろ書けばその内に方向性が見えてくるよね

みんなで作るガイドブック!旅のしおりを作って旅行に行こう

      2016/01/18

PAK92_ryokousya20140208500

今年ももう少しでゴールデンウィークがやってきます。

有給をつかって長期で休む人もいれば、カレンダー通りのお休みの人もいるかと思います。

せっかくの連休になるので、旅行に行く人も多いかと思います。
ということで今回は旅のしおりをつくることを皆さんにおすすめしたいと思います。

旅のしおりとは

小学校、中学校くらいのときの修学旅行で使われた経験が多い旅のしおり。

旅行の計画ルートだけでなく緊急連絡先やメモができたりと、そのときの旅行に関する情報がいろいろ詰まった自分たち専用のガイドブック的存在です。

これがないと、一緒に行く人から「次どこに行くの?」「いつ着く予定なの?」などなど質問が出てきます。
それだとただ旅行についてきてるだけですよね。

旅のしおりがあることで一緒に行く人みんなで情報を共有し、みんなの旅行という気分が出てきますよ。

もちろん一人旅だった場合も、自分用のメモとしての機能があり、あると便利なものなのです。

旅のしおりのおススメ理由

おすすめ理由は以下のようなものがあります。

  • 旅の流れを把握することができる
    参加者全員が旅の流れを把握し、参加するだけというのを防ぎます。
  • 必要な情報がまとめられる
    スマホなどネットで色々な情報を確認することができますが、旅先ではデジタルよりアナログ情報が役に立ちます。
    必要な情報のみをまとめることで旅先でも安心です。
  • 参加者が楽しめる
    懐かしさからくるワクワク感が旅を盛り上げます。
    これけっこう大きいです。

その他にも、工夫次第で旅を盛り上げる要素を組み込んでいけます。

これは書いておいた方がいい
旅のしおりの記載事項

基本的には何を書いても自由です。

あまり分厚い冊子をつくると邪魔ですし、参加者に読んでもらえないので必要事項を中心に工夫していきましょう。

必須事項は以下の通りです。

  • スケジュール
    日程、行先、時間など
    所要時間や休憩予定など書いておくといいです。
  • 持ち物チェックリスト
    当日必要なものをチェックリストとしておくといいです。
  • 連絡先
    行先の住所と電話番号、また参加メンバーの連絡先など万が一に備えます。
  • メモ欄
    メモする場所なんて実際はいらないかもしれませんが雰囲気が大切です。

これにプラスしていろいろと楽しめるor便利になることを入れていきましょう。
例えば

  • 旅のタイトルをつける
    旅行会社みたいに旅のタイトルをつけると盛り上がります。
  • 地図や行先の情報をいれる
    行く場所の歴史や由来、どんなものがあるかなどを前情報として入れた方がいい場合もあります。
  • 感想欄をいれる
    旅の最後に参加者に感想を書いてもらいましょう。
    いい思い出になりますよ。

まとめ

GWも間近なので是非挑戦してみてください。

作り方に関してもまた後日に記事にしたいと思っています。

旅のしおりについてもっと知りたければこのサイトがおススメ!!

旅のしおりweb

おすすめ

1
スマホで暇つぶしするならdTVがおすすめ。移動時間も有意義に

暇つぶしといえばスマホ。 最近は、電車での移動時もスマホをいじっている人を多く見 ...

 - 旅のしおり