(仮)Rocket-Field

いろいろ書けばその内に方向性が見えてくるよね

旅のしおりを作るならこれを書いておけば大丈夫!作り方をご紹介

      2016/02/21

MS251_japanpassport500

前回、旅のしおりについておススメさせてもらいました。
≫旅のしおりを作って旅行に行こう

旅行は一人旅だったり、友人、家族、恋人などいろいろな人と行くこともあるでしょう。
前回も説明したとおり旅のしおりは参加者がどうであれ、旅のアクセントや便利グッズとしての機能を十分発揮するものです。

是非、一度作ってみませんか?

ということで今回は作成方法をご紹介です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

旅のしおりを作る

まずは全体的なデザインを考えていきましょう。

PCを利用するか手書きにするか

これは自分の環境に合った方法を選んでください。

PCの場合、書き直しが自由ですしきれいなデザインになります。
手書きの場合はPCのような正確さはないですが、それが逆に手作りの温かみとなりいい味が出ます。

ベストとしてはPCで基本事項を作り、ポイントで手書きのコメントやイラスト等を入れるとバランスよく見栄えがよくなります。

旅のしおりの大きさ、デザインを決める

まずはサイズを決めましょう。

旅行の日数などボリュームによりしおりに書く量も変わってきますが、基本的には旅行に持っていきやすいサイズ、厚さをしていないと邪魔になるだけです。

使用する用紙サイズはA4サイズもしくはB5サイズがいいでしょう。
あとは好みによって2等分してみたり折ってみたりとしてみましょう。

製本の仕方の例としては

  • 冊子型
    各ページをホチキスなどでまとめ、冊子形状にします。
  • 折り畳み型
    ジャバラ状に畳みこんだり、切込みを入れおしゃれに折りこんだりと工夫できます。

参考サイト≫製本方法|楽しい旅の思い出作り~旅のしおりを作ってみよう~

旅のしおりに書く内容

どんな内容を書くかに決まりはありません。

注意しておくことは

  • 旅行に行く人全体に知らせておきたい事
  • これを知っていると楽しめる追加情報
  • 旅行が楽しくなるどうでもいいこと

以上のことを織り交ぜていくといいでしょう。

スケジュール

集合場所・時間に始まり、行先やそこに行くまでの休憩ポイント・到着時間など。
時間と場所を併記すると見やすいですね。

これにより行動ががんじがらめにならないよう、あくまでも予定として書き臨機応変に行動できるようにしましょう。

持ち物チェックリスト

旅行に持っていく持ち物は、持てる量に制限があります。
ここで書くものは最低限必要なものを知らせるようにしましょう。

しおり作成者しか分からないこともあります。
例えば「宿で浴衣が借りれるとか、借りれない」とか、「ここの温泉は水着着用の必要がある」などです。
このような情報を知らせる役割もあるので注意しましょう。
旅の楽しみが減らないように情報を共有しましょう。

連絡先

旅の行先の電話番号や住所、または参加者の連絡先。

携帯電話、スマホがあれば調べることは可能ですが、事前に調べて旅のしおりに記載しておくことに意味があります。

メモ欄やフリースペース

修学旅行ではないのでメモすることも少ないかもしれませんが、フリースペースがあることで何かあったときに対応できます。

ちょっと工夫してみよう

ちょっとした工夫で旅のしおりが堅苦しいものから、楽しめるものへと変わっていきます。

旅のテーマや題名をつける

旅の目的やテーマの内容はネタでいいのです。
これを1,2行書くだけで参加者がクスッときてくれれば目的は達成です。

もちろん真面目な内容でもいいです。

また、表紙に旅行代理店がするような旅の題名をつけるのも、旅行を盛り上げることができます。

デザインに工夫を

表紙のみ色の違う紙をつかったり、製本用のテープをつかったり、紙の角を丸くしてみたりと外観のデザインを変更することもいいですし、内部の挿絵や貼り絵、色を加えることで明るいものを作れます。

但し、あまりに凝りすぎると旅行に邪魔なものになりますので注意が必要です。

詳細な情報を追加する

行先周辺の地図、詳細の情報を書きます。

事前に知っておいた方が行った先で楽しめるような情報(例えば歴史など)を書いておくといいでしょう。

感想文を書いてもらう

旅行が終わったときに感想を書いてもらうというのも楽しいです。

後日みんなの感想を発表する機会を設けると旅を振り返り楽しい時間が過ごせるでしょう。

最後に

旅行を楽しいものにする一つのアイテムとして今回は旅のしおりの作成をおススメしました。

旅のしおり作成者は幹事的な役割をされていると思います。
参加者の楽しみを最大限引き出せるようにちょっと作ってみてはいかがでしょうか。

併せて以下の記事も参考にしていただければと思います
≫旅のしおりについてのカテゴリー

旅のしおりについてもっと知りたければ以下のサイトがおススメ!!

旅のしおりweb

おすすめ

1
スマホで暇つぶしするならdTVがおすすめ。移動時間も有意義に

暇つぶしといえばスマホ。 最近は、電車での移動時もスマホをいじっている人を多く見 ...

 - 旅のしおり