(仮)Rocket-Field

いろいろ書けばその内に方向性が見えてくるよね

ムーミンの世界を体験できるテーマパークが埼玉県飯能市に2017年オープン予定!

   

9333939991_35abc08c3b

photo credit: トーヴェ・ヤンソン夏の家 ―ムーミン物語とクルーヴ島の暮らし― via photopin (license)

前回の記事で、埼玉県飯能市にあるムーミンの世界観を再現した公園「あけぼの子どもの森公園」紹介しました。
≫埼玉のムーミン谷あけぼの子どもの森公園で北欧の世界へ

埼玉県飯能市にムーミン谷があるんだなぁなんて言っていたら、今度はその飯能市にさらいテーマパークができるというニュースが入ってきました。

ということで今回はその概要を紹介したいと思います。

発表されたテーマパークの概要

ムーミンを主題とした施設としては日本が世界初進出

ムーミンの作者トーベ・ヤンソンの故郷フィンランドにあるムーミンワールドを除き、ムーミンを主題とした施設としては日本が世界初進出となるそうです。

これ発表どおりなんですが、○○を除き世界初進出って全然初じゃ無いような気が・・・
なんて思ってしまったのですが、読み方が悪いんですかね。
ムーミンカフェとかもムーミンを主題とした施設からは除外されているのかな?

とにかくこのような規模のテーマパークは地元から初の海外進出のようです。

場所は埼玉県飯能市の宮沢湖

宮沢湖では1960年から西武鉄道によってレイクサイドパーク宮沢湖をはじめとした施設が整備されていました。

今回この土地を西武鉄道が売却し、ムーミンテーマパークが開設されることとなりました。

飯能市が運営するあけぼの子どもの森公園とは少し離れた場所なので、完全に別物と考えていいです。

広さは宮沢湖周辺の土地役189,000㎡(東京ドーム約4個分)となっています。

アクセスは
・電車の場合:西武鉄道池袋線「池袋」駅から「飯能」駅まで、特急レッドアロー号で 40 分
・車の場合:圏央道「狭山日高 IC」より 6km

ムーミンゾーンとパブリックゾーンの2つのゾーン

この施設ではムーミンの物語の世界を楽しめる「ムーミンゾーン」と誰もが無料で日常的に利用できる公園としての機能を持つ「パブリックゾーン」の2つのゾーンが設置される予定となっています。

施設名称はMetsä(メッツア)

Metsä(メッツア)とはフィンランド語で「森」という意味とのこと。

Metsäの「ä」の字が見慣れない標記ですが、ドイツ語、エストニア語、スウェーデン語およびフィンランド語で他のラテン文字(アルファベット)とともに用いられる文字らしいです。
今後浸透していくのでしょう。

今回の計画の登場人物紹介

今回の計画を担う関係団体についてご紹介。

フィンテック グローバル株式会社

フィンテック グローバルとPuuha International Oy(フィンランド)が平成25年11月にムーミンを主題とするテーマパークを日本に設立するためのじぎょうを目的とする「株式会社ムーミン物語」を設立。

このムーミン物語が、ムーミンを主題としたテーマパークに関する日本国内の独占的ライセンス契約を締結しています。

このように平成25年11月の段階で発表されていた計画が今回テーマパーク設立場所が決定したことで再発表されたというわけです。

飯能市

フィンテック社が計画を発表すると、飯能市は誘致活動に乗り出しました。

もともとムーミン童話の世界を体験できる「あけぼの子どもの森公園」が飯能市にはあり、ムーミンには縁がありました。

今後もフィンテック社とはこの施設の開設に積極的に連携協力する予定。

西武鉄道株式会社

宮沢湖周辺の土地を所有していた西武鉄道は、土地の売却のみならず今後もこのエリアを観光拠点として西武線沿線内外からの誘客に取り組むと同時に、現地への交通アクセスなどにおいて、積極的に協力していくとのこと。

駅から近くない場所なので、西武鉄道の協力も重要になってきそうです。

既存のテーマパークとは違うものになりそうな予感

東京ディズニーリゾートやユニバーサルスタジオジャパンとは大きく違う、自然いっぱいのテーマパークになりそうです。

どちらかというと三鷹の森ジブリ美術館の方が近いのかなと勝手に妄想しています。

人がうじゃうじゃいるのも世界観を崩しかねないですが、素敵なテーマパークになることをきたいしています!

その他の発表の詳細は下記の公式発表を確認してみてください。

イメージ画像もあるのでワクワク感がきっと増すはず!(画像は転載不可とのことだったのでこちらでは載せません)
Metsä 宮沢湖に 2017 年オープン予定(公式)

また、こちらの記事にも詳しく書かれていますのでご覧ください。
ムーミンパークが"埼玉の奥地"を選んだワケ|東洋経済ONLINE

おすすめ

1
スマホで暇つぶしするならdTVがおすすめ。移動時間も有意義に

暇つぶしといえばスマホ。 最近は、電車での移動時もスマホをいじっている人を多く見 ...

 - 観光 / 遊び , ,