(仮)Rocket-Field

いろいろ書けばその内に方向性が見えてくるよね

熱海市のMOA美術館は作品だけでなく眺望も素晴らしい

      2014/09/15

DSC_0232

熱海駅から北北西に位置するMOA美術館。

読み方は「えむおーえー美術館」と読みます。(モア美術館じゃないです)
ちなみに「MOA」とはMokichi Okada International Associationの頭文字とのことです。

高台に位置し、メインロビーからは伊豆大島、房総半島から三浦半島、伊豆半島まで見渡すことができます。
今回はこちらの美術館をご紹介します。

MOA美術館の簡単な説明

創立者の岡田茂吉さんのコレクションを基に設立されました。

本館は3階建てで中には展示室、黄金の茶室、能楽堂などがあり、外にはムアの広場、茶の庭があります。
建物自体がとても素晴らしく、ロケーションも含めとても気持ちのいい空間となっています。

DSC_0234

○概要

住所 〒413-8511
静岡県熱海市桃山町26番2号
電話 0557-84-2511
開館時間 9時30分~16時30分まで
(入館は閉館30分前まで)
休館日 毎週木曜日(祝日の場合開館)
年末 12月25日~12月31日
年始 平成26年1月6日~10日(元日~5日までは開館)
※特別開館日(上記休館日に当たっていても開館します)
・2月は休まず開館
・5月1日・7月31日・8月7日・14日・10月2日
※変更の場合もあるので公式HPをご確認ください
公式HP MOA美術館公式HP

○入館料

  • 一般 1,600円
  • 高校生・大学生 800円
  • シニア(満65歳以上) 1,200円
  • 障害者割引 800円
  • 中学生以下 無 料

割引情報

前売り観覧券が

  • 一般 1,300円
  • 高校生・大学生 500円

とお安くなってますので利用しましょう。
イープラスや主要なコンビニエンスストアなどで購入することができます。
家族で行く場合は結構大きいですよね。

また、インターネット特別割引券なるものがMOA美術館の公式サイトにありそちらだと

  • 一般 1,400円
  • 高校生・大学生 600円

となっています。

さらに、熱海周辺の観光案内の紙(地図とか周辺情報が載っているものでホテルや観光案内所に置いてある)にもクーポン券がついているので割引券の現地調達が可能です。

周辺地図

アクセス方法

高台にあるため歩きで行くことに挑戦しない方がいいと思います。
自家用車やバスのご利用をおススメします。

駐車場によって入口が二つあります。
また、道もくねくねしているところもあるので気を付けましょう。

【車の場合】
東京方面からの場合:東名厚着ICより約1時間30分
関西方面からの場合:東名沼津ICより約45分

【バスの場合】
JR熱海駅下車→バスターミナル8番乗り場「MOA美術館」行のバスに乗車 約7分程度
時刻表

どんなものが展示されているのか(展示内容)

MOA美術館には絵画、工芸、彫刻等、日本を中心に東洋美術の作品によって構成されています。
上の方にも書いていますが、これに加え黄金の茶室や能楽堂、茶の庭などを観覧することができます。

展示には国宝、重要文化財もあり、見応えのある内容となっています。

そういった文化財だけでなく、イベントとして新しい展示をやっていることもありますし、また児童作品展も開かれており幅広く楽しむことができます。

DSC_0230

最後に感想を

とにかく存在自体が素晴らしいとさえ感じてしまいます。

まずロケーションが素晴らしい。
写真もご紹介していますが、海が一望できこの高台に素晴らしい建物が建っている。

最初の感想はこれでした。

庭やロビーで景色を見ながらのんびりと過ごす、、、こういう美術館の楽しみ方もあるんだなという感じです。

美術にそれほど興味がなくても、のんびりと周るとどこか気持ちがよくなる。
MOA美術館とはそんなところだと思いました。

おすすめ

1
スマホで暇つぶしするならdTVがおすすめ。移動時間も有意義に

暇つぶしといえばスマホ。 最近は、電車での移動時もスマホをいじっている人を多く見 ...

 - 観光 / 遊び , ,