(仮)Rocket-Field

いろいろ書けばその内に方向性が見えてくるよね

工場見学をお薦めする8つの理由

   

テレビでよく見る「これは何をつくってるんでしょうか?」や「この商品はこのようにして作られています」といった内容の番組。

工場内の機械や、工場で働いている人々の熟練の技など。

ああいうのを見てて

「何これ!おもしろい!」

って思ったのがきっかけで私は工場見学に興味を持ちました。

何回か工場見学に参加してその興味はさらに加速します。
もっといろいろな工場見学がしたいと思える理由が現地に行くと増えてきます。

今回はその理由をまとめたので紹介したいと思います。

少しでも参考になれば。

1.財布に優しい

大抵の工場見学が無料です。

一部の工場や、体験コーナー、併設の博物館などが有料の場合がありますが低価格なものが大半です。

2.お土産がもらえることも

商品のPRを兼ねている為か、お土産として商品などを貰えることがあります。

3.試食ができることも

お土産同様に商品のPRを兼ねて試食会が行われるものがあります。

中には新商品の試食など、市場に出回る前のものに出会えることがあります。
アンケートなどに協力することもあります。

4.製造ラインのロボットや人間の技のすごさ

実際に商品を作っているところを身近にみることができます。

テレビでも工場の製造ラインを紹介していることがありますが、それに比べると正直ちょっと遠いし分かりづらいです。
ただ、見てて飽きないロボットや人の技は一見の価値ありです。

5.企業の顔が見える

企業側の理念だったり、商品のコンセプトなどを紹介してくれます。

また、工場見学の際に接する社員の方々の対応や、工場見学をよりいいものにしようとする演出(ex.展示パネルや紹介ビデオなど)によりどれだけ力を入れているのかも実感できます。

工場見学を実施するような企業は、やはりその辺もちゃんと考えているので気持ちよく過ごすことができます。

6.ショップや飲食ができる施設も

無料のお土産や試食とは別に、関連商品が置いてあるショップや商品を使った飲食店などがあることもあります。

普段、スーパーでは見ない商品があったりするので楽しめます。

7.各所の観光地もついでに訪れることができる

工場見学自体は大抵1時間程度で終わることが多いです。
短い時間で楽しく遊べるという面もありますが、残りの時間をその周辺の観光施設に時間を使うという手もあります。

工場見学を主目的とするのか、旅行の一部として工場見学に行くのかという選択もありますが、いずれにしても地域全体を楽しむ、新しい発見をするという時間になります。

工場見学はお金があまりかからないので、他の所にお金をまわして遊びに行きやすいです。

8.一緒に行く人を選ばない

家族でも、友達同士でも、恋人同士でも、男同士、女同士、、、、
一緒に行く人を選びません。

誰と行っても気軽に楽しむことができます。
実際に色々な人たちが見学に来ています。

最後に

最初は製造ロボットとか実際に作っているところに興味の大半があったのが、だんだんそれ以外の所に興味が移ってきました。

興味を持つポイントは人それぞれ違うと思います。
是非、自分なりのポイントを探してほしいと思います。

おすすめ

1
スマホで暇つぶしするならdTVがおすすめ。移動時間も有意義に

暇つぶしといえばスマホ。 最近は、電車での移動時もスマホをいじっている人を多く見 ...

 - 工場見学