(仮)Rocket-Field

いろいろ書けばその内に方向性が見えてくるよね

まずはここから!起業してどんな会社をつくるのかを考えよう

   

bureaucracy-1016169_1280

会社をつくるからには事業内容はもう決まっていますよね。
中にはその内独立したいけど事業内容はまだ、、、という人もいるかもしれません。
まずは何をやるのかを決めましょう。

どんな業種にするか

起業すると決めたからにはやることは決まってるとは思いますが、まずはどんな業種、仕事内容にするのかを考えなくてはいけません。

これまで経験してきた仕事

一番考えやすいのが経験を活かし、今までしてきた仕事をするということです。
これまで感じた「ああしたらもっとうまくいくのに」という妄想を実現することができます。

自分がまずどうやっていけばいいのか、経験がある分進めやすいです。

また、今までの顧客、関係会社と仕事をすることができるので、ある程度のメリットが期待できそうです。

今まで経験したスキル

例えば前職で調理をしていれば食品関係、大工だったらその経験を活かして住宅コンサルなど経験してきた知識を他のことに活かすということも手です。

営業職を以前経験していたとしても、その営業経験を活かし別の業種で勝負してみることもできます。
営業なんてどんな業種でもするだろってってこともありますし、営業経験を活かして営業方法に関するコンサルとかという方向もありますね。

夢をかなえるという道

全然経験のないことでも、ずっと夢に見ていたことをするというのも選択肢の内かと思います。

もちろん準備が上に書いている内容よりも大変であることは間違いありません。

でも、せっかく自分で会社を興し好きなことができるのなら、ずっと夢だったことを思いっきりやってみたいという考え方もあるかと思います。

どの種類の会社を設立するか

事業内容が決まったらどんな法人にするのかを考えます。

しかし、自分で仕事をするということだけを考えたとき、法人を設立するというのは絶対必要なことということではないです。
もちろん、個人でも仕事可能ですし稼ぐこともできるでしょう。

法人設立のメリット

個人ではなく法人にするメリットは節税関連と信用関連が考えられます。

これは利益が一定以上でない限り個人事業の方が節税に繋がる場合もあるかと思いますし、個人事業でも信用を得ることはできます。
やる業種によっても変わってくることでしょう。

ケースバイケースではありますが起業当初に法人である必要性は微妙なところかもしれません。
必要性が今すぐない場合は個人事業として始めて、法人になる必要が出たときに法人成りするという道もあります。

自分が考える起業内容に応じて箱の形態は変わっていくのでよく調べて決める必要がありそうです。

法人の種類いろいろ

法人の種類はこんな感じです

  • 株式会社
  • 合名会社
  • 合資会社
  • 合同会社

今はもう有限会社は作れません。
今現在有限会社を名乗っている会社さんは特例有限会社といい、会社法施行前の有限会社法により、有限会社として設立された会社で、名称には有限会社を使用してるけど株式会社の一種です。

それぞれの特徴

それぞれの特徴は次のとおりです。

  • 株式会社
    社員の地位が株式
    間接有限責任
    大規模なリスクの高い事業を行うことに適する
  • 合名会社
    直接無限責任
    社員は原則業務を執行し会社を代表する
    人的信頼関係のある少人数の共同体に適する
  • 合資会社
    直接有限責任と直接無限責任とからなる二元的な組織
    業務執行および会社代表は原則社員全員
    合名会社と同様、社員の少ない共同企業に適している
  • 合同会社
    間接有限責任
    業務執行および会社代表は原則社員全員

会社法を勉強して書いているので用語は会社法に依るものです。
私は専門家ではないし勉強中の身なのでちゃんとした説明はできませんがイメージは掴んでいただければと思います。

参考までに会社の略称について

書くときのかっこよさを考えて略称を見ていきます。
一般的に次のように使われます。

  • 株式会社 → (株)
  • 合名会社 → (名)
  • 合資会社 → (資)
  • 合同会社 → (同)

そして銀行振り込みなどで使われているものは

  • 株式会社 → カ
  • 合名会社 → メ
  • 合資会社 → シ
  • 合同会社 → ド

例えば○○建材合同会社なら「○○ケンザイ(ド」のようになります。

個人事業の場合も屋号が付けれますが、もちろん「株式会社」とかがつかないものになります。

自分に合う物を選ぶ

株式会社以外あまり聞かないという人もいると思います。
ただ合同会社ではApple Japan合同会社や合同会社西友、日本ケロッグ合同会社などの有名企業もあります。

見た目の印象で株式会社を選ぶというのも一つの決め方だとは思います。
しかし上であげたようにそれぞれ特徴があります。
その会社に合ったものを選びましょう。

おすすめ

1
スマホで暇つぶしするならdTVがおすすめ。移動時間も有意義に

暇つぶしといえばスマホ。 最近は、電車での移動時もスマホをいじっている人を多く見 ...

 - 起業