(仮)Rocket-Field

いろいろ書けばその内に方向性が見えてくるよね

安藤百福はすごい!カップヌードルミュージアムで創造力に刺激が与えられるはず

   

medium_9462210360

photo credit: camknows via photopin cc

世界初のインスタントラーメンを発明した日清食品の創業者・安藤百福についての展示や、いろいろな体験のできる「カップヌードルミュージアムに行ってきました。
≫カップヌードルミュージアム

横浜市中区、みなとみらい地区にあるのでカップヌードルミュージアムだけでなくついでにいろいろ遊びに行けるスポットです。

カップヌードルミュージアムって何があるの?

総合プロデュースを佐藤可士和さんが担当しており、細部に創造的思考を刺激する何かが感じられるようになっています。

展示系では日清の歴代の商品が時系列で見れるたり、インスタントラーメンの父と言われる安藤百福の生涯を紹介しながらどのようにチキンラーメンなどを発明していったかということが分かる展示や映像があります。

また、安藤百福の言葉、思考、行動を6つのキーワードで表現し、それを体験できるさまざまな展示があります。

体験系ではチキンラーメンつくったり、世界に一つだけのオリジナルカップヌードルをつくれたり、子供向けアスレチックなどがあります。

フードコートでは世界各国の様々な麺料理を味わうことができます。

お土産コーナーもあり、インスタントラーメンにまつわるグッズがあ置いてあります。

medium_9443894837

photo credit: camknows via photopin cc

行ってきた体験記

まず建物がすばらしい。

外観もいいですが、中に入ったときの解放感、広々とした空間がとても気持ちいいです。
美術館みたいです。

入館料は大人500円、高校生以下は無料となっています。
※アトラクションについては別途利用料金がかかるものもあります。

解放感のある空間に大きな階段がありそこを上がると展示がスタート。

単純な伝記的な展示なんかだと飽きてしまいますが、ここは違います。

安藤百福の生涯を説明するとともに、創造性を刺激する展示がちりばめてある為飽きもなく展示をじっくり見ることができます。
もちろんインスタントラーメンができるまでの説明も映像や展示を併せて表現されているので頭にも残って行きます。

今回はメインともいえる体験コーナーに参加することができませんでした。
チキンラーメンづくりの体験ができる「チキンラーメンファクトリー」は予約が必要で、オリジナルカップヌードルづくりができる「マイカップヌードルファクトリーは整理券が必要となっています。
なので体験したければ事前に、または早めに行く必要ありです。

最後にフードコートで世界の麺を堪能し、ショップでお土産買ってきました

まとめ

体験系は参加できませんでしたが十分に楽しめる内容でした。

大人だけでも子供と一緒でも楽しめる場所です。

ふらーっと横浜来たついでに寄るもよし、体験系もしっかり予約してガッツリ遊びに行ってもよし。
侮れませんよ。


おすすめ

1
スマホで暇つぶしするならdTVがおすすめ。移動時間も有意義に

暇つぶしといえばスマホ。 最近は、電車での移動時もスマホをいじっている人を多く見 ...

 - 観光 / 遊び